美容院に行く頻度はカラーや髪型で違うのか?【美容師の本音】

      2016/08/30

美容院 髪型
「髪型だけで人の印象は大きく変わる」とよく言われますが、美容院に行く頻度ってどのくらいなのかが、ハッキリわかりませんよね。

周りの友人に聞いてみたり担当する美容師さんによっても様々な意見があって、言うことがバラバラです。

今回は、専門学校時代の友人の現役美容師や美容院経営者が集まった機会に聞いた【プロの意見と本音】から、美容院に行く頻度はどのくらいがベストか・カラーや髪型で違うのかについてまとめました。

スポンサードリンク

美容院に行く頻度ってどのくらい?

美容院に行く頻度ってどのくらいがベストなのか、気になりますよね。

あなたはどのくらいの頻度で美容院に行ってますか?

私がいつも行っている美容院では、次の来店は1ヶ月~1.5ヶ月を目安に来てくださいねと言われるのですが、正直なぜその期間なのかがよくわからない。

ですので、美容院に行くのがなんとな~く面倒だったり、カットの他にパーマやカラーをすると結構な金額になることもあって、2ヶ月に一回くらいの頻度で通うことがほとんどでした。

現役美容師の友人達に再会

そんな時に、専門学校時代に出会った友人から久しぶりに食事の誘いを受けたので行ってみると、私を含めて6人が集まり皆それぞれに成長していました。

その中で美容師の道に進んだのは4人なのですが、美容の専門学校を卒業してから美容師を続けて30代にもなれば、所属する美容室でトップクラスのスタイリストになっていたり、自分で美容院を経営していたりしています。

男女ともに近況を確認し合ったり、昔の思い出話をしていたりしたのですが、お酒が入ったこともあって徐々に美容師同士の意見交換がメインになりヒートアップしてきます。

第一線で活躍する美容師が目の前に4人もいる機会なので、熱くなった空気をほどよく冷ますように、一般のお客さん側である私ともうひとりの友人の質問をいろいろぶつけてみました。

私が気になっていた美容院へ行く頻度の他に、カラーで髪を明るめにしている友人の質問に対して、4人の意見がほとんど同じだったのでご紹介します。

美容院に行く頻度のベスト

まず美容院へ行く頻度についての答えは、男性と女性ともに「1.5ヶ月から2ヶ月」が頻度の目安という回答でした。

メンズで坊主やベリーショートの場合は例外として1ヶ月を目安にとのことですが、それ以外の場合は1.5ヶ月(正確には6週間後)がベスト、遅くなっても2ヶ月を過ぎるくらいには来店して欲しいと言います。

人間の髪の毛は、一ヶ月で1cmから早い人で1.5cm伸びるそうで(一日0.3mm~0.5mmほど)経験を積んだ美容師や馴染みの美容室になると、1ヶ月から1.5ヶ月後(6週間)に髪が伸びて馴染む長さまで計算に入れてカットしているとのこと。

そして、その計算されたシルエットが崩れ始めるのが1.5ヶ月後(6週間)以降という理由から「1.5ヶ月から2ヶ月」までがベストの頻度ということになります。

美容院の頻度はカラーによって違う?

次は、カラーリングしている友人の質問“美容院に行く頻度はカラーによって違うのか”についての回答になります。

美容院の頻度はカラーによって特に変える必要はなく、同じく1.5ヶ月から2ヶ月が基本の目安ということです。

ただ、例外があって髪の色がダークブラウンなど自毛の色から明るさや色のトーンが近い場合は問題ないですが、日本人の自毛の色である「黒髪」とは色が明確に違う金髪やシルバー系、そしてアッシュ系でも明るめのトーンになるとカラーリングした髪と伸びてきた自毛の黒髪の色の差が目立ちやすいです。

スポンサードリンク

カラーリングしてから一ヶ月後で約1cmは根元の髪が伸びていますので、2ヶ月もすると完全に「プリン状態」になってしまいます。

ですので、明るめのカラーリングをしている場合は根元の髪の色が目立ちやすいことから「1ヶ月~1.5ヶ月」で一度チェックするほうが見た目の美しさを保てるとのことでした。

美容業界では、この髪型の美しさやシルエットが保てる期限のことを「賞美期限」と言って、これが美容師さんの言う美容院への頻度の目安になっているのですね。

美容院の頻度を髪型別に聞いてみた!

髪型の美しさやシルエットが保てる賞美期限の基本が「1.5ヶ月から2ヶ月」であることは友人の意見からわかりました。

ただ、中には美容室の売上や個人の成績を優先する美容師や、経験が浅いために早く実績を積み重ねたい美容師など、お客さん側よりも自分や美容院側を重要視するケースもあり「美容院の頻度は月1で」と考えもなしで言っている美容師もいるそうですよ。

ですので、そんな美容師に惑わされないためにも最前線で活躍する現役美容師の【プロの本音】から、美容院の頻度を髪型別に分けてご紹介します。

美容師の本音・髪型別賞美期限

ショートやボブスタイル

まずショートヘアーの場合は、髪質の柔らかさやクセによって賞美期限が違います。

髪質が柔らかい場合は1.5ヶ月(6週間)が目安になりますが、髪質が固かったり直毛の場合は、シルエットが崩れやすいので1ヶ月を目安にしたほうがいいとのこと。

そして、ボブスタイルの場合は顔にかかる感じや、髪のふくらみ方のシルエットが重要な要素になるので、こだわったシルエットを作ることも多く頻度は1ヶ月を目安にしたほうが美しいです。

ショートやボブスタイルはシルエットが崩れやすいことから、重さ調節だけでもいいので美容院の頻度を「1ヶ月~1.5ヶ月」で考えたほうが間違いないですよ。

セミロングからロングスタイル

セミロングやロングスタイルになってくると、2~3ヶ月に1度と考える人も多いのではないでしょうか。

美容師の本音としては、カラーリングがプリンになっていない限りは2ヶ月でも問題ないのですが、いくらシルエットが変化しづらいと言っても3ヶ月までには1度メンテナンスをするべきとのこと。

髪が長ければ長いほど毛先まで栄養が届きにくくなるので、毛先だけのカットやトリートメントでのケアが必要になってきます。

よって、セミロングやロングスタイルの場合、美容院の頻度は「1.5ヶ月~2ヶ月」がベストで「長くても3ヶ月まで」になります。

くせ毛やパーマスタイル

くせ毛を生かしたヘアスタイルやパーマスタイルの場合は、基本の「1.5ヶ月から2ヶ月」が頻度の目安とのこと。

ただ、パーマのかけ具合やロッドの太さと個人の髪質によって差が出やすいので、普段から行うケアによっても変わってくるそうです。

くせ毛の場合は担当した美容師さんに要相談ですが、パーマスタイルでは洗髪後にオイルなどでケアすることで、シルエットを長持ちさせることができます。

伸ばしかけや伸ばし中の場合は

もし、髪を伸ばしかけや伸ばし中の場合は比較的放置してしまいがちになるのですが、髪をカットしなくてもパーマで変化をつけたり、少しだけ重さを取ることで見た目に結構違いが出るそうです。

美容師の本音としては、その長さの時にしかできないスタイルを楽しまないのは「もったいない」と考えていて、こうしたらもっと可愛いのに...とか、こういう風にアレンジしてあげたい!って思う人が多いと言っていました。

髪を伸ばしながらオシャレを楽しむこともできますので、せっかくなら美容院に行って仕上げてもらいたいですよね。

美容院に行く頻度のまとめ

●美容院に行く頻度は賞美期限を元にすると「1.5ヶ月から2ヶ月」がベスト

●美容院の頻度はカラーによって変わらないが、明るめの場合だけは少し早め

●美容院の頻度は髪型別になると差が出てくるので、美容師の本音を参考に

以上、友人である現役美容師の【プロとしての意見と本音】を元にしてまとめました。

また、他にも美容師の友人達に聞いてみてわかったことがありますので、是非ご覧になってくださいね!

関連記事として、

美容院のトリートメントは効果なし?現役美容師に聞いてわかった真実とは!

美容院に行く前にワックスをつけていくべき?それともつけないほうがいい?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 美容 ,