野菜を冷凍保存する方法のおすすめは?簡単&美味しいを実現するならコレ

      2016/07/20

野菜 冷凍保存
あなたは野菜を冷凍保存するとき、こんな悩みを感じたことはないですか?

「たくさんの野菜を上手に保存できる方法ってないのかな?」

毎日する食事の支度、お弁当作りや子育てと忙しい毎日を送っていると、家族の健康に必要な野菜を上手に冷凍保存できたらと思いますよね。

そんな、あなたに必見の野菜を冷凍保存する方法でおすすめの簡単で美味しいを実現する方法をご紹介します。

是非、この野菜の冷凍保存方法を試してみて、忙しい毎日でも簡単&美味しいまで実現しちゃいましょう!

スポンサードリンク

野菜を冷凍保存する方法ってイマイチ・・・

野菜を冷凍保存する方法って、何がベストな方法なのか分からないですよね。

私もよく田舎の実家から大量の野菜が送られてくるのですが、いつも野菜を全て消費するのに苦労していました。

ですので、野菜が傷んでしまわないように冷凍して保存する方法を探してみましたが、イマイチしっくりくる方法が見つけられませんでした。

野菜を冷凍で保存する方法って、冷凍する野菜の種類によって違うし、やり方も様々で何がいいのかよく分からなかったんですよね~。

実際にやってみても解凍した時にベチョベチョになったり、食べてみると美味しくなかったりしたので、何かいい方法はないかな~と思ったのです。

野菜の冷凍保存におすすめの方法は?

そんな時に見つけたのが、今回ご紹介する 「塩フリージング」 という方法。

初めは、塩フリージング?何それ・・・と思ったのですが、ダメもとで実際に試してみると結構具合が良くて、気になっていた野菜の味や食感もバッチリだったので驚きましたよ。

塩フリージングとは?

塩フリージングとは、食材を“塩でもんだり塩ゆでする”ことによって食材の余計な水分が抜けて、きゅうりやじゃがいも、そして葉物野菜などの、今まで冷凍に向かないとされていた野菜までも冷凍保存ができるようになった方法のことです。

そんな塩フリージングのメリットを簡単にまとめましたので、まずはご覧ください。

塩フリージングのココが凄い!

①下味がつくので手間いらず

野菜などの食材に重量の1~1.5%の塩を加えることで、食材の冷凍中と解凍時に塩が浸透します。

その結果、食材に下味がしっかりつくので解凍後に下ごしらえをする手間がなくなり、すぐに料理に取りかかることができます。

②おいしさが長持ちする

塩もみや塩ゆでをすることによって、きゅうりやモヤシなどの冷凍に向かない野菜も冷凍保存が可能になります。

更には、野菜だけではなく肉や魚介類も塩の効果で、おいしさをキープしたまま冷凍保存ができます。

③野菜の色味がキレイ

塩もみや塩ゆでの効果によって、野菜の色味や食感が保たれるのも塩フリージングの特徴です。

特に、ブロッコリーやインゲンなどの緑黄色野菜は、新鮮な状態とほとんど変わらない色味になりますよ。

④味がしみ込むので減塩ができる

冷凍と解凍の過程で塩が内部にまでしみ込むので、少ない塩分でもしっかり味がつきます。

一般的に肉や魚を料理する際に使う塩の量よりも、少ない量で満足のいく味がつきますので減塩にもつながります。

こうやってみてみると、塩フリージングは自分や家族の健康のためにもなる冷凍保存の方法ですよね。

スポンサードリンク

野菜の冷凍保存は簡単&美味しい塩フリージングで!

では、健康のためにもなる野菜の冷凍保存方法「塩フリージング」のやり方は、どのようなものなのかを見ていきましょう。

ゴロゴロ野菜は【塩ゆでする】

インゲンやアスパラ、葉物野菜や根菜など固めの野菜は、水の量の1%になる塩を加えた熱湯で、10秒ほどを目安にして塩ゆでします。

一度に大量の野菜を入れるとお湯の温度が下がってしまい、余計に時間がかかりますので少しずつゆでることがポイントです。

枝豆やとうもろこしは、やや多めの塩を使ってゆでる時間を長めにすると、よりおいしく仕上がりますのでおすすめですよ。

薄切り野菜は【塩でもむ】

大根やきゅうり、そしてキャベツなどの水気が多くて冷凍保存には向かないとされている野菜でも、薄切りにして塩もみをすることで水分が抜け、冷凍保存が可能になります。

ただし、あえものなど生で食べる場合に、2週間を目安にして食べきったほうが味の劣化が少なくて美味しく食べられますので、おすすめですね。

水気を切り冷凍用保存袋を使う

塩ゆでした場合は、野菜をザルに上げて水気を切り、しっかり冷ました後にシップロックなどの冷凍用保存袋を使って薄く平に並べ、空気を抜いて冷凍します。

塩でもんだ場合も同様にで、水気をしっかり絞って冷凍用保存袋に薄く平らに入れ、空気を抜いてから冷凍します。

ちなみに、野菜を包むのはサランラップでもいいのですが、ジップロックなどの冷凍用保存袋を使用したほうが使いたい分量を出しやすいですよ。

関連野菜ごとの詳しい方法や使い方については、一覧にまとめたものがありますのでご紹介します。

→野菜の冷凍保存におすすめな塩フリージングの具体的な方法と一覧

これをやっておくことで、解凍するだけで簡単に使えますし、味もしっかりついていて美味しく食べられます。

塩フリージングをした野菜の保存期間は冷凍で約1ヶ月と長持ちもしますので、とても便利ですね。

野菜の冷凍保存のまとめ

●野菜を冷凍保存する方法って、解凍後の食感や味がイマイチだったりする

●野菜の冷凍保存におすすめの方法は、健康のためにもなる塩フリージング

●野菜を冷凍保存するなら簡単&美味しい塩フリージングで長持ちもする

いかがでしたか?

実際、塩フリージングで野菜を冷凍保存すると美味しい状態で野菜が食べられますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 料理 ,