調布市花火大会の場所取りのコツと時間の目安や混雑状況を紹介

      2016/07/20

調布市花火大会
調布花火大会を楽しむために場所取りをしようかと考えているあなた、場所取りのポイントや時間の情報はチェックしておきたいですよね。

そんなあなたに役立てていただきたい、調布市花火大会での場所取りのコツや場所取りをする時間の目安と混雑状況についてご紹介します。

この内容を押さえるだけで、調布市花火大会での場所取りが断然スムーズになりますので、是非のぞいてみてくださいね!

スポンサードリンク

調布市花火大会 場所取りのコツは会場選びから

調布市花火大会で場所取りをするなら、まずは花火を見る場所を選ぶところから考えるのが最初のポイントになります。

調布市花火大会は、花火の打ち上げ場所が多摩川の河川敷になりますので、花火が見えて場所取りもできる場所が大きく分けると3ヶ所あるんですよ。

ひとつめは、花火大会の有料観覧席が用意される「布田会場」の横にある自由観覧エリア。

ふたつめは、同じく有料席が用意されて、屋台や出店の数が一番多い「京王多摩川会場」の横の自由観覧エリア。

そして、みっつめは向こう岸の中野島駅や稲田堤駅から行ける川沿いのエリアが、神奈川県の川崎市になるため「川崎側」と地元民には呼ばれています。

結論から言うと、この3ヶ所の中で場所取りに最適なのは 「布田会場」横の自由観覧エリア です。

布田会場が場所取りに最適な理由は?

布田会場側の自由観覧エリアが場所取りに最適な理由は、まず花火の打ち上げ場所から一番近いので、調布市花火大会の見どころである「ハナビリュージョン」を楽しめることが挙げられますね。

調布市花火大会の見どころである「ハナビリュージョン」とは、コンピューター制御による音楽と花火のコラボレーションのことです。

この動画で見ていただいたように、音楽と花火の一体感を感じるためには、多摩川の打ち上げ場所に少しでも近い場所で花火を見たほうが楽しめますよね。

そして、場所取りのしやすさも3ヶ所の中では一番で、京王多摩川会場は屋台目的の来場者で混雑しますし、行く時間によっては穴場になる川崎側のエリアは、近年川沿いの芝生を保護するために立ち入り禁止場所が多く、場所取りするには地元民でも苦労するとの口コミ情報もあるほどです。

更には、布田会場の近くにコンビニがあって買い出しに便利ですし、エリア内にトイレが多く設置されますので、すぐにトイレまで行ける点も見逃せません。

ですので、調布市花火大会で場所取りをするなら、布田会場に狙いを定めることをおすすめしますよ。

調布市花火大会で場所取りをする時間の目安は?

調布市花火大会で場所取りをするなら、何時に会場まで行けばいいのか気になりますよね。

調布市花火大会は多摩川沿いのエリアが舞台となるので、花火を見る場所が全て埋まってしまうことはないですが、花火を見やすい場所を確保するためには時間にも場所取りのコツがあります。

私がおすすめする布田会場の自由観覧エリアは、場所取りできるのが開催の当日からになりますので、二人が座って花火を見ることができるくらいのシートでしたら、午後の15時頃に行っても問題なく場所が選べますよ。

多摩川の花火大会で少しでも良い場所を確保したいなら、お昼12時頃に行くと間違いないでしょう。

もし、10人にもなるような大人数の場所取りをする場合は、もう少し早めの時間に着いたほうが確実です。

スポンサードリンク

場所取りを済ませたら、シートをはがされたり移動させられたりなどのトラブルを避けるためにも、できるだけ見張りをしたほうがいいですね。

ですので、時間潰しができる準備と軽食の持ち込みまでしておけば、場所取り対策は万全かなと思います。

会場の場所が河川敷なので、虫除けスプレーまで用意できたら気が利くと言われるかもしれませんよ。

そのほか参考までにですが、例年の混雑状況から京王多摩川会場で場所取りをするなら午前中からお昼頃の時間を目安にして、川崎側の場合は当日の午前中で、もうほとんど良い場所は空いていないと思われます。

調布市花火大会の混雑状況は?

調布市花火大会は、例年の人出が35万人から約40万人になるので、会場周辺は人混みによって混雑必至です。

屋台や出店の多い京王多摩川会場は、比較的早い時間から混雑しはじめる傾向がありますね。

混雑しはじめるのが緩い布田会場でも、16時を過ぎた頃から来場者が増え始めて、花火大会の開始時間直前には場所取りのシートとシートのわずかな隙間にも人がきたりします。

ですので、なるべく会場が混雑してくる17時前には、トイレや買い出しなどの用事を済ませておいたほうがいいですよ。

もし、見る場所にこだわらないのであれば、二人分くらいの場所なら17時以降でも場所取りはできるとは思いますが、会場での移動は混雑によって難しいので、駅前のコンビニや途中にあるスーパーで食事や飲み物を買っておくべきでしょう。

会場に着く時間が遅くなる場合も同様ですが、念のためコチラで紹介している調布市花火大会の穴場スポットも、参考にしてみてくださいね。

調布市花火大会の日程と屋台の場所や穴場スポット2016年版!

場所によっては立ち見になる可能性もありますが、行きと帰りの混雑を避けることができますので、方法のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

調布市花火大会の場所取りまとめ

●調布市花火大会の場所取りのコツは、会場選びが最初のポイントになる

●調布市花火大会で場所取りをする時間の目安は、場所や人数によって変わる

●調布市花火大会は例年の混雑状況から、17時までにトイレや買出しを済ます

以上、場所取りのコツや場所取りをする時間の目安と混雑状況のご紹介はいかがでしたか?

何も知らずに会場へ行くよりも、場所取りが断然スムーズになると思いませんか?

一緒に花火を見る方も、あなたの行動を見て頼りになると感じるのではないでしょうか。

それでは、夜空を彩る夏の風物詩、花火大会を楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 花火大会 ,