熱中症の症状で寒気がする時の対処法と病院に行くべきケースとは?

   

熱中症 症状 寒気
夏に外出先などから帰ってきた時に、なんとなく寒気がすると感じていませんか?

体は熱くなっているはずなのに、寒気がするのは熱中症の症状ではないと思いますよね。

そんなあなたに、熱中症の症状でも寒気がするものについて、あなたの体の状態を見ながら寒気への対処法と病院に行くべきケースをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

熱中症の症状には寒気を感じるものもある?

気温の高い時期に起こりやすい熱中症の症状には寒気を感じるものがあります。

あなたは、数時間ほどの外出や炎天下での運動などをしませんでしたか?

その時に、こまめに水分補給をしなかったり休憩を取らずに続けていると、体の水分が汗をかくことで失われてしまい、 脱水症状 を起こしてしまいます。

そして脱水症状が起こると、身体の体温調節機能が乱れて汗をかきづらくなり、体内の熱を放出する機能も弱くなります

体内の熱を放出する機能が弱くなることで体に熱がこもってしまい、自律神経にも異常をきたすことが原因で、体は熱いのに寒気を感じてしまうんですね。

分かりやすいように表現すると、体温計が正常に働かなくなっている状態です。

この状態は、国の機関にも確認されている熱中症の症状のひとつで、体はベタベタするのに汗を全くかいていなかったり、頭痛・発熱・吐き気などを起こしているケースも考えられます。

ですので、あなたの健康な身体のためにも、しっかりとした対策と寒気の症状に対処することが大切になってきますよ。

熱中症で寒気がする時の対処法は?

熱中症で寒気がする時の対処法は、体にこもった熱を放出することが重要になります。

ですので、まずは日の当たらない涼しい場所で体を休めるようにしてくださいね。

できればクーラが効いた部屋で湿度も低く設定して、不足している水分を取るために水分補給を心がけるようにします。

この時に飲んでいただきたいのは、汗で失われた成分に近い経口補水液かスポーツドリンクなのですが、近くにない場合は水に少量の塩と砂糖を溶かしたものでも代用できますよ。

のどが渇いているからといってガブ飲みするのではなく、少しずつこまめに飲むように気をつけましょう。

もし、ご自宅に帰ってきているのでしたら、楽な服に着替えて涼しくした部屋で横になったほうがいいです。

ただし、寒いからと服を着込んだり、毛布や布団をかぶることは体にこもった熱の放出を妨げてしまいますので逆効果になります。

スポンサードリンク

ですので、どうしても寒さが耐えられない場合は、クーラーが直接当たらないように調節したり、タオルケットなど薄手のものを使うようにしてくださいね。

そして、熱中症の寒気の他に頭痛や発熱もあるのでしたら、体を冷やすことも必要になってきます。

その時は、痛みや熱を感じやすい頭部を冷やすことを優先しがちになりますが、首元や腋の下や足の付け根などの動脈に近い場所を冷やすようにすると効果が高いですよ。

ここまでの対処法を実際にやってみて、寒気やその他の症状が落ち着いてくるか経過を見ながら、安静にされることを第一に考えてください。

乱れた体温調節機能や自律神経が、通常の状態に戻るように努めることが肝心です。

熱中症の寒気で病院に行くべきケースは?

その後、寒気などの症状が治まってくるようでしたら、心配ないでしょう。

ただ、数時間経っても寒気が治まらなくて改善が見られない場合は、仕事に行くことも大事だと思いますが、一番大事なのはあなたの体ですので、お休みして病院に行かれることをおすすめします。

熱中症の寒気に改善が見られない場合は、夏風邪や食中毒などへの感染も考えられる要因となってきますよね。

発熱が続いているのでしたら、熱を測ってみて高熱が出ていないかを確認し、下痢や嘔吐などの症状はないかなどにも注意してみながら、やはり早めに病院での診断を受けるべきです。

最近では、子供を中心にヘルパンギーナという夏風邪も流行してきていますので、大人が感染すれば最低でも3~4日間は高熱が続くそうです。

あまりにも寒気や発熱などの症状が酷かったり、いつまでも体がだるかったりするようでしたら、重症化して体を壊すと大変ですので自己判断も大切になってきますよ。

あなたの健康な体を少しでも早く取り戻すためにも、しっかりと症状の経過をみて、何かおかしいと感じることがありましたら病院に行って医師の診断を受けてくださいね。

熱中症の症状で寒気がする時のまとめ

●熱中症の症状には寒気を感じるものもあるので、しっかり対処することが大切

●熱中症で寒気がする時の対処法は、まず体にこもった熱を放出することが重要

●熱中症の寒気で病院に行くべきケースは、安静にしても症状が改善されない時

熱中症の症状でも寒気がするものと、寒気への対処法から病院に行くべきケースのご紹介はいかがでしたか?

しっかり対処法を実践することで、熱中症の症状が落ち着いたり、他のことが原因と考えることもできるのではないでしょうか。

そして、熱中症の再発を防ぐためにも屋外での暑さ対策をすることも必要になってきますよね。

屋外での暑さ対策におすすめなグッズと服装のポイントを紹介

少しでも、あなたに役立てていただけると幸いです!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 健康 ,