土浦花火大会の駐車場の混雑状況と満車時間&おすすめの場所をご紹介!

      2016/08/20

土浦花火大会 駐車場
日本三大花火大会で有名な土浦花火大会に車で行こうと考えると、駐車場の情報が気になりますよね。

土浦花火大会は普段の人口が15万人ほどの町に、一日で約70万人もの来場者が集まるイベントのため、事前に現地の駐車場を把握して計画を立てることが重要です。

そこで、土浦花火大会の駐車場の混雑状況と満車時間やおすすめの場所をご紹介します。

おすすめする駐車場の中には地元民口コミの穴場駐車場もありますので、是非のぞいてみてくださいね!

スポンサードリンク

土浦花火大会の駐車場の混雑状況は?

土浦花火大会の駐車場は約70万人の人出に比べて数が不足していて、土浦花火大会の公式サイトで発表されている駐車場の数は無料駐車場・臨時駐車場・有料駐車場を合わせても約5,200台弱と圧倒的に少ないので混雑必至です。

そのため、当日の駐車場は早い者勝ちの争奪戦となり、花火の観覧場所である桟敷席や無料観覧席エリアなど 会場に近い駐車場から満車に なっていきます。

参考までにですが、公式サイトで発表されている駐車場の一覧がありますので、詳細はこちらから確認してみてくださいね。

土浦花火大会の駐車場一覧(各駐車場の台数と開場時間やマップ付き)

この駐車場一覧を見てお気づきかもしれませんが、各駐車場の駐車台数は100台以下の小規模な所が多く、会場までの距離も場所によってかなり差がありますよね。

その中でも特に駐車場の規模が大きい場所をあげると、

●土浦駅東駐車場(有料)1,200台
●土浦駅西駐車場(有料)470台
●霞ヶ浦総合公園駐車場(無料)600台

花火のベストポジションである桟敷席や、場所取りができる無料観覧席エリアに近い駐車場は、

●土浦一中校庭(無料)300台
●土浦市生涯学習館駐車場(無料)50台
●土浦市武道館駐車場(無料)90台

といった状況です。

ただ、土浦花火大会で駐車場を利用する場合は、どの場所も例年かなりの混雑状況ですので、必ず開場時間と満車時間を確認してから検討することがポイントになります。

土浦花火大会の駐車場が満車になる時間は?

それでは、先にもあげた土浦花火大会の駐車場が満車になる時間を見ていきましょう。

まずは、駐車場台数が600台の霞ヶ浦総合公園駐車場に代表される、無料駐車場の中でも開場時間が12時から13時と遅めの時間になる駐車場は、 午前中から開場待ちの行列ができている状況 です。

そのため、開場後にはすぐ満車になるとイメージしていただければ、わかりやすいかと思います。

朝の9時が開場時間となっている無料駐車場を利用する場合は、車を駐車できる台数が非常に少ないので、どの駐車場にするか狙いを定めておかないと開場から2~3時間ほどで満車になるでしょう。

ですので、確実に公式サイト発表の駐車場を利用するためには、早朝の9時から遅くても午前中までには狙いを定めた駐車場に着くように、車でアクセスする必要があります。

駐車台数の多い土浦駅東西の有料駐車場に関しましては24時間営業ですが、土浦花火大会終了後に駅周辺が混雑して交通規制もかかるため、できれば駐車場の選択肢に入れないほうがいいですよ。

過去の利用者の口コミ情報を見ても、渋滞の影響で土浦市内を出るまでに3~4時間を要しているので、おすすめすることはできません。

土浦花火大会の駐車場を利用するなら、当日の渋滞を避けられて花火大会の会場にも近いおすすめの駐車場がありますので、引き続きお読みいただければと思います。

土浦花火大会の駐車場でおすすめの場所は?

土浦花火大会の駐車場でおすすめの場所は、車を利用するあなたのとって渋滞を避けられたり、会場まで近いなどの様々なメリットがあります。

スポンサードリンク

無料で利用できる駐車場と有料の駐車場がありますので、それぞれのメリットや駐車場までの行き方をお伝えしていきますね。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場駐車場

地元民に土浦花火大会の裏側と呼ばれる上高津エリアにある、無料の駐車場です。

土浦花火大会の会場からも比較的近く徒歩30分圏内ですし、何よりも花火大会終了後でも渋滞の影響をあまり受けずに桜土浦ICまでたどり着けるメリットは大きいですよね。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場駐車場は花火大会当日に約100台ほどの駐車場スペースが設けられ、朝9時からの開場となりますが近年は人気が高く朝7時頃から駐車場に並ぶ車も見受けられますよ。

ですので、確実に駐車場を利用したいのでしたら、開場時間の1時間前には到着することが必須条件となるでしょう。

ちなみに、こちらの駐車場にはトイレもありますし、近くのガソリンスタンドにも臨時のトイレが設置されますので、事前に食事を用意しておけば並ぶには安心ですね。

早い時間に現地に行ける場合には、無料駐車場のなかで一押しのおすすめ駐車場となります。

上高津エリアの空き地を利用した駐車場

先ほどの上高津貝塚ふるさと歴史の広場駐車場よりも会場から近い場所にある、土浦花火大会の開催当日限定で民家の空き地を駐車場として貸し出しているエリアになります。

一日2,000円ほどの料金が相場で有料ではありますが、地元民か過去の利用者しか知らない当日の穴場駐車場となりますので、花火の打ち上げ直前の17時頃に行っても車を停められるほどですよ。

土浦花火大会の会場までは徒歩15分ほどの距離ですので、当日の場所取りや桟敷席に向かう場合にも便利ですよね。

上高津エリアへの行き方は、桜土浦ICを降りて上高津貝塚ふるさと歴史の広場を目指し、そこをそのまま通り過ぎて住宅地へ下ると臨時駐車場の案内板などが見えくると思います。

有料でも良ければ使い勝手がいい場所ですので、東京方面から車でアクセスする時におすすめの駐車場です。

土浦合同庁舎周辺の駐車場

土浦合同庁舎周辺の駐車場は合計で約300台の駐車場スペースが用意され、常磐道土浦北ICにも近く比較的スムーズに高速に乗れる場所です。

ただし、土浦花火大会の会場からは遠く徒歩で40~50分ほどかかりますので、行きは土浦駅行きの路線バスに乗って亀城公園前で下車すると、徒歩10~15分くらいで会場に行けますよ。

帰りは最終のバスに間に合わないため徒歩しかありませんが、水戸方面から車でアクセスする時におすすめの駐車場になりますので、参考にしてみてくださいね。

土浦花火大会の駐車場まとめ

●土浦花火大会の駐車場の混雑状況は、会場に近い駐車場から満車になっていく

●土浦花火大会は駐車場の満車時間が早い為、狙いを定めて午前中に到着すべき

●土浦花火大会の駐車場でおすすめの場所は上記の3ヶ所なので、参考にする

土浦花火大会の駐車場の混雑状況と、満車時間やおすすめの場所のご紹介はいかがでしたか?

この駐車場の情報を元にすれば、当日に向かう駐車場の場所とスケジュールが組みやすいのではないでしょうか。

その他にも、土浦花火大会の関連情報をまとめていますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

土浦花火大会の場所取りスポットと時間の目安や攻略方法を一発チェック

土浦花火大会の屋台の場所と徒歩での行き方や営業時間について

それでは、あなたの素敵な思い出となることを願っています!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 花火大会 ,