川越祭り2016年の日程と交通規制や混雑する時間帯を徹底攻略!

      2016/08/27

川越祭り 2016
建物や道路の開発が進む現代でも、江戸の情緒と伝統を感じることができる埼玉県の川越市は、一年を通して観光客が訪れるほど知名度と人気の高い街です。

その小江戸と呼ばれる川越が一年の中で最も盛り上がりを見せるのが、関東三大祭りとしても有名な「秋の川越祭り」になります。

今回は、江戸っ子達の息づかいが残る川越祭り2016年の日程と交通規制や混雑する時間帯を徹底攻略しました。

川越祭りに初めて参加される場合でもわかりやすいようにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

川越祭り2016年の日程とスケジュール一覧

川越氷川神社の例大祭として行われる川越祭りは、例年10月の第3土曜日と日曜日で開催されています。

今年2016年の日程は、 10月15日(土)・16日(日)の2日間 となっていますので、開催概要と合わせてご覧ください。

【川越祭り2016年の開催概要】

名称:川越氷川祭
日程:平成28年10月15日(土)~16日(日)
会場:JR川越駅前-川越市役所一円
雨天:小雨決行/荒天時は中止
来場者数:2日間で約100万人予想
開催時間:土曜と日曜で時間が違います

●2016年10月15日(土)
昼の開催:14時~15時(市役所前の山車揃い)
夜の開催:19時~21時(夜の曳っかわせ)

●2016年10月16日(日)
昼の開催:13時30分~15時(市役所前の山車揃い)
夜の開催:18時30分~21時(夜の曳っかわせ)

川越祭りは昼と夜の開催に分かれていて、昼間は川越市役所を目指しながらお囃子が鳴り響き、獅子舞と天狐やおかめなどのお面をかぶった踊り手の舞が楽しめる山車(だし)の巡行が見所になります。

川越市役所前に勢揃いした高さ8メートルにもなる山車と、各町内会によって違う手古舞の衣装や人形などを見比べてみるのも面白いですよ!

そして、川越祭り一番の見所といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せる夜の曳っかわせは、鉢合わせになった山車の競演を写真撮影する方も多く、昼にはない独特な雰囲気がお祭り気分を盛り上げます。

夜の曳っかわせの雰囲気がわかるユーチューブ動画がありますので、昼の川越祭りとの違いをご覧になってくださいね。

いかがでしたか?

同じ川越祭りの映像でも、昼と夜の開催で雰囲気が全然違いますよね!

ちなみに、川越祭りは雨天の場合でも延期にはならず決行する予定となっていますが、大雨や台風などの荒天時については山車を出すことが中止になる可能性もあります。

もし、川越祭り当日の天気が微妙な場合は、運営元に問い合わせてみたほうが確実だと思いますので、ご参考までに。

【お問い合わせ先】

川越まつり協賛事務局
(川越市観光課)
電話:049-224-5940

川越まつり会館
電話:049-225-2727

スポンサードリンク

川越祭りで交通規制される場所と時間は?

2日で約100万人の観客数を動員する川越祭りでは、例年開催の当日に JR川越駅から3kmほどの規模で交通規制 が実施されています。

その範囲はJR川越駅前をはじまりとして、東武東上線の川越市駅前から川越市役所北側の氷川神社までと広範囲に渡って車両が通行止めになります。
(自転車の場合は押しながらの通行であればOK)

過去の情報になりますが、開催当日に交通規制される範囲の詳細マップがありますので、参考にしてみてくださいね。

2016y08m23d_155629835

画像出典:http://kawagoematsuri.jp

規制場所:JR川越駅前から氷川神社まで
規制時間:10時~22時
2016年の交通規制:川越祭り公式サイト

※2016年8月23日現在は未発表です。

本日確認してみたところ、今日までの時点では確定していませんでしたので、時間をおいてから再度ご覧いただければと思います。

以上のことから、もしもあなたが車でのアクセスを考えている場合は、10月15日と16日の2日間は周辺道路も含めて混雑や渋滞が予想されますので、会場周辺には車で近づかないほうがいいでしょう。

ですので、基本的には電車を利用して最寄り駅の本川越駅にアクセスする行き方をおすすめしますが、どうしても車を利用されるのでしたら、駐車場の情報を事前に確認して当日の動き方を考えておいたほうが安心ですよ。

川越祭りの駐車場と混雑状況は?満車時間やおすすめの場所もご紹介!

川越祭りで混雑する時間帯は?

ここまでは、川越祭りの基本情報と特徴についてお伝えしてきましたが、当日の動きをイメージするためにも混雑する時間帯まで把握しておくと予定が立てやすいですよね。

川越祭りでは、お昼すぎから徐々に来場者が増えはじめて、 夜の曳っかわせが行われる時間帯が混雑のピーク になります。

近年の参加者の口コミと照らし合わせても、混雑のピーク時は身動きが思うように取れないほどの状況になりますので、初めて参加される場合は次のようなスケジュールを立てて行動すると、川越祭りを存分に楽しむことができますよ。

まずは、行きの電車の混雑を避けるためにも、川越祭りの会場には13時頃までに到着しておくといいでしょう。

駅を降りると屋台がたくさん出店していますので、思わず立ち寄ってしまいそうになりますが、先に昼の祭りを見に行くことをおすすめします。

この時に目指すべきポイントは、昼の祭りの見所を楽しめる仲町交差点から札の辻交差点にかけての蔵の街の通りですので、下記の地図で場所を確認しておきましょう。

地図の川越市蔵造り資料館や川越名物の時の鐘を目指すと分りやすいかと思いますが、ここの道は電線が地中に埋め込まれていて、人形をせり出しながら山車を曳けるため迫力が違います。

そして、蔵の街を背景にして山車を見ることができますし、駅前ほど人も混んでいませんので山車を楽しむには一番の見学スポットですよ。

山車を楽しんだ後は、菓子屋横丁が近いので見てまわると楽しいですし、蓮馨寺境内にある見世物小屋や遊技場で遊んでも面白いと思います。

気になるのは屋台や食事に行くタイミングですが、食べる歩きをするのは昼の祭りを見てから夜の曳っかわせが始まる前の16時から18時くらいがいいです。

川越祭りの屋台の場所と出店時間は?おすすめの楽しみ方もご紹介!

その後、夜の祭りを見物すると思いますが、札の辻交差点から曳っかわせを見ながら駅に向かってゆっくり南下していくようにすると、初めてでも川越祭りの見所が存分に楽しめますので、ぜひ検討してみてくださいね。

川越祭り2016のまとめ

●川越祭り2016年の日程は10月15(土)と16日(日)の2日間で、昼と夜に開催

●川越祭りで交通規制される時間は当日の10時~22時、場所はマップで確認する

●川越祭りで混雑する時間帯は、夜の曳っかわせが行われる19時~21時がピーク

川越祭り2016年の日程と、交通規制や混雑する時間帯のご紹介はいかがでしたか?

何も調べずに川越祭りに行くよりも、沢山のイベントを楽しむことできるのではないでしょうか。

それでは、あなたが川越祭りを存分に楽しめますように!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 祭り ,