新社会人のスーツの選び方!色と柄のおすすめやポイントをアドバイス

      2016/07/18

スーツ

厳しい就活を乗り越え、新しい生活が始まりますね。

不安あり、期待もありでドキドキしていることでしょう。

社会人になれば、多くの人が仕事中にスーツを着用しますが新社会人のあなたも、そのうちの一人に仲間入です。

スーツを毎日着るようになると、今までほとんどなかった自分でスーツを買う機会も出てきます。

どの色がいいの?
柄はどうする?

今回は、そんな時に役立つスーツの選び方についてご紹介します。

スポンサードリンク

新社会人のスーツの選び方でポイントになるのは?

先に断言しておきますが、新社会人で着用すべきスーツはファッションで着用するスーツと全く違います。

カッコイイことは最優先ではありません!

新社会人という立場は、会社では新人ですので何もないゼロからのスタートになります。

初めて会う人達と仕事をしていくわけですから、大事なのは上司や先輩や取引先といった様々な立場や異なる世代の人達と上手に付き合って関係を築いていくことです。

会社の上司や先輩、取引先の人たちは

あなたがどんな人間なのか
一緒に仕事をしていけそうか
信用できるのか

という視点で、あなたを見ます。

仕事の場では、人間性・仕事ぶり・信用で評価されるのでそれに応える形でスーツを選ぶのが最優先です。

つまり、新社会人のスーツ選びで重要なのは、相手(目上の人)に安心感を与えることと相手(目上の人)に不快感を与えないことです。

この2つは似てるようで全く違う意味ですので、スーツを選ぶポイントに置き換えてみると次のようになります。

・心が安らぐ、気持ちが落ち着く意味の安心感を与える為には?

【スーツがベーシック(無難)である、スーツが控えめである】
これを 相手に伝える 必要があります。

・嫌な印象、不愉快に思う気持ちの意味である不快感を与えない為には?

【スーツの主張が強い、新人らしくない目立つスーツを着ている】
これを 避ける 必要があります。

つまり、スーツはベーシックで控えめなものを選び主張が強く目立つものは避けること

これが、新社会人スーツの選び方のポイントになります。

新社会人のスーツの色でおすすめなのは?

選び方がわかると、次に気になるのはスーツの色でしょう。

スーツ選びのポイント押さえると、新社会人が選ぶべき色は黒(ブラック)か紺(ネイビー)です。

着ている人が多く見慣れてもいるので見る側が安心するからです。

そして、日本ではフォーマルな場面でも用いられる色でいざという時に着まわしできますし、どんなシャツにも合わせやすいというメリットもあります。

まだ、スーツやシャツの数が少ない新入社員にとっては仕事では安心して着れて、いろんな場面に応用でき、シャツに合わせやすいという 着まわし最強の色 です。

スポンサードリンク

最近は、ブルーやグレーをオススメする雑誌があったりベージュやブラウンを着る人も増えましたがブルーやベージュやブラウンは、目立ってしまうので新社会人には向きません。

グレーは濃い目のチャコールグレーならいいですが、ライトグレーでは目立ちますし、何よりシャツを合わせるのに知識が必要です。

なので、新社会人のスーツの色は黒か紺を選びましょう。

新社会人のスーツの柄でおすすめは?

選び方、色とくれば柄のことも知りたいですよね。

新社会人が選ぶべきスーツの柄は、無地かシャドーストライプ(画像を参照)がいいです。

生地①

特に、黒の無地やシャドーストライプは略礼服にも使えますので急な弔事や慶事などのお呼ばれにも代用できて便利です。

シャドーストライプは柄の入り方が様々なので入り方のパターンによって印象が違い楽しめます。

柄が少しは欲しいという人でも、薄く入ったピンストライプ(画像を参照)までにしたほうが無難です。

生地②

ちなみに、就職活動の時に着用したリクルートスーツはビジネスに使って問題ないので、着まわしの中の1着にしてください。

もしも、就職活動っぽい雰囲気が嫌だと思うのであればネクタイの色を紺や赤以外にするか、柄をストライプ以外にすといいです。

私の個人的なオススメですが、黒無地のスーツにはチャコールグレー色のネクタイが相性が良く落ち着いた雰囲気になります。

新社会人のスーツの選び方まとめ

●新社会人のスーツの選び方は、ベーシックで控えめなものを選ぶ

●新社会人のスーツの色は、黒か紺にすると着まわしができる

●新社会人のスーツの柄は、無地かシャドーストライプがおすすめ

まずは、人間関係を築いて仕事に慣れることを優先して1年間は様子を見てから、自分の好きなスーツを着るのがいいですね。

新人が目立つなら、服装ではなく仕事の成果で目立つべきです。

間違いのないスーツを選んで、自信を持って仕事にのぞんでくださいね!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - スーツ ,