クールビズの着こなしはパンツが鍵!靴やベルトでも差がつく?

      2016/07/14

A groom putting on cuff-links as he gets dressed in formal wear .Groom's suit

ビジネスマンの夏の装いであるクールビズ。

「ノーネクタイ」「ノージャケット」が基本で、シャツの着こなしが印象に大きく影響しますが、シャツの着こなしの他にもクールビズの着こなしと周囲に与える印象の差が出るポイントはあります。

今回は、クールビズの着こなしについてのご提案になります。

スポンサードリンク

クールビズの着こなしはパンツも鍵になる

クールビズのパンツは、普段のスーツパンツを着用される方が多いと思います。

しかし、スーツパンツを着用することは、夏でもスーツスタイルが必須である方以外は避けたほうがいいです。

なぜならば、スーツパンツだけで着用を続けるとスーツの上着よりもパンツが先に傷んでしまい、結果としてスーツ1着をまるまるダメにしてしまうことに繋がるからです。

オーダーメイドや定番品でない限り、スーツの上着に合わせたパンツだけの追加購入は難しいです。

そして、夏場は汗をかくためにパンツが汚れやすく洗濯やクリーニングの手入れが頻繁に必要になります。

スーツパンツですと、生地が厚くて夏場には向かないですし自宅での手入れができるものも少ないです。

その点、クールビズ用のパンツは素材や生地に涼しい加工がされていて、速乾性にも優れて快適な履き心地です。

中には自宅で洗える加工がされていたりするものもあるので、清潔な見た目と快適な履き心地を実現できたうえに、爽やかで軽快な印象にもなります。

ある程度、カジュアルな装いが許されるなら

スーツでもジャケットでも、パンツの素材はウールが主流です。

しかし、ネクタイを結ばずジャケットを脱ぐことが多くなるクールビズでは、パンツの選択肢が増えます。

それは、 コットンパンツ です。

特に半袖シャツはポロシャツに近い見た目のため、ウールパンツよりもカジュアル感のあるコットンパンツの方が相性で勝ります

常識の範囲内で、夏らしい爽やかな色のコットンパンツを選ぶと若々しくて清潔感のある印象になります。

また、コットンパンツには伸縮素材が含まれているものが多いので、軽快かつ楽な着心地を感じられてオススメです。

スポンサードリンク

コットンパンツはカジュアルすぎるという方には

半袖シャツの軽快さを高めるならコットンパンツが最適ですが、ビジネスシーンにおいて、コットンパンツはカジュアル過ぎると感じる方もおられると思います。

そんな方には、コットンパンツでも センタークリース (パンツの脚の真ん中についている折り目)が着いたものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

定番のベーシックカラーを選べば、ビジネススタイルとして申し分ないです。

クールビズの着こなしは靴でも変わる

ビジネスシーンにおいて、基本の靴は黒の革靴になります。

しかし、軽装のクールビズでは普段のビジネススタイルよりもカジュアル度が高くなるので、いつものシューズが釣り合わなくなることが多いです。

ですので着こなしに合わせて、ややカジュアなタイプを選ぶのが正解になります。

 ローファー なら、ほどよいカジュアル感と軽快なイメージを強調することができて、クールビズの装いと相性が良いです。

また会社の風潮や規則にもよりますが、ブラウン系の革靴と合わせていつもの雰囲気に変化をつけたり、色の他に素材や形を変えることによっても印象は変わり、クールビズの着こなしに差が出ます。

※注意すべきこと

気をつけていただきたいのは、どんなに足元の靴を軽快にしてもソックスは履いてください

確かに、クールビズの目的と最近のトレンドからすれば気持ちも分かりますが、スタイルやファッションを売りにする職業でない限り、信用や誠実さが重要視されるビジネスにおいてはNGになる場合がほとんどです。

休日などの着こなしに取り入れるのであれば、いいですね。

クールビズの着こなしでベルトはどうする?

クールビズの着こなしは、普段のビジネススタイルよりも軽快でカジュアルになるので、ベルトにも配慮が必要です。

特に色選びは、靴とベルトが同じ色か近い色で合わせることによって、上から下までの統一感を出すための重要なポイントです。

全体の統一感を出すことで、涼しく軽快でありつつも完成されて見え、カジュアル感が悪目立ちすることなくビジネスシーンにとけ込めます。

おすすめは?

普段はなかなか目に付かないベルトも、上着を脱いだりシャツスタイルになるクールビズの時期は目に付く場所になります。

クールビズに合わせるとすれば、 メッシュベルト が適度にカジュアルで相性が良くオススメです。

腰わまりが軽快で涼しげになりますし、休日のスタイルにも使い回しできますので便利です。

ゴム素材やレザーがありますが、ビジネススタイルにはレザーのメッシュベルトを選ぶと安心です。

そして、着用するシューズの色と同じ色で合わせると間違いないです。

クーズビズの着こなしのまとめ

●クールビズの着こなしの鍵であるパンツは、普段のスーツパンツを避ける

●クールビズの着こなしに合わせて、靴はややカジュアなタイプを選ぶのが正解

●クールビズの着こなしは、ベルトで統一感を出すことも重要なポイント

クルービズの着こなしには、シャツやジャケットも関係してきますので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考クールビズはシャツの着こなしが大事!襟の形と長袖以外では?

参考クールビズにジャケットは必要?着こなしと機能性のポイントを紹介

ビジネスシーンの適切な範囲内で、涼しさと快適さも両立しながらクールビズの着こなしを楽しみたいですね。

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - スーツ ,