浴衣の着付けに必要なものと左前や帯など着方のポイントも紹介!

      2016/07/07

浴衣 着付け美人
夏は浴衣の季節ですね。

女性の浴衣姿は花火大会や夏祭りに映え、女性らしさと艶やかさがあって美しいです。

でも、浴衣を着てみようと思った時に意外と戸惑ってしまうのが、浴衣を着るには何が必要なのかということや浴衣の着付け方ではないでしょうか。

そんな時に役立つ、女性の浴衣に必要なものと着付けの仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

浴衣の着付けに必要なものは?

女性の浴衣の着付けに必要なものは、 最低限だと次の5つ になります。

まずは、あなたが現在持っているものがあるかどうか確認してみてください。

【浴衣の着付けに必要なもの】

・浴衣
・帯 あるいは 作り帯
・下駄
・腰紐(ひも)2本
・伊達(だて)締め1本

浴衣と帯の他に下駄をもともと持っている女性はいるかもしれませんが、腰紐と伊達締めは今までに浴衣を着付けたことのない人は持っていることがないと思います。

この腰紐と伊達締めは浴衣の帯を結ぶ時に必要な道具になりますが、セットで販売されている浴衣セットに揃っていることも少ないので、用意し忘れないように気をつけたいですね。

もし持っていない場合は、腰紐や伊達締めなどの着付け道具が一式セットになっている浴衣小物セットを買うか、浴衣とは別に単品で購入しましょう。

腰紐も伊達締めも、そこまで高いものではなく腰紐は1本100~300円、伊達締めは1本1000円程度で買うことができますよ。

女性が浴衣を着る時に揃えておきたいもの

浴衣の着付けに最低限必要なものは先に紹介した5つのアイテムですが、他にも浴衣を着る時に一緒に揃えておきたいアイテムがあります。

より美しく、より快適に浴衣を着こなすためにも役立つアイテムなのでご紹介します。

【一緒に揃えておきたいもの】

・帯板
・浴衣用下着
・浴衣用の巾着やカゴバッグ

帯板は前板とも呼ばれ、帯にシワが寄るのを防ぐ板のようなものです。

なくても帯を結ぶことはできますが、帯板があることでより美しく綺麗な仕上がりになります。

浴衣用下着は、浴衣スリップや肌襦袢(はだじゅばん)などの名前でも売られている白くて薄い着物専用の肌着で、汗を吸ったり下着のラインが浴衣に響かないようにしてくれます。

キャミソールなどでも代用できますが、今後も浴衣を着るのなら1枚持っておくと大人の女性としても損はないです。

そして、せっかく浴衣でお出かけするならバッグも和装に合うものが欲しいですよね。

和柄の巾着や小さめのカゴバッグなら浴衣と下駄にコーディネートできて、より浴衣の美しさを引き立てます。

スポンサードリンク

浴衣の着付けは左前にならないように注意!

浴衣の着付けは、男女ともに左側が上にくる(右側が下になる)右前で着るのが基本です。

浴衣の着方を逆の右側が上になるように着付けると、左前といって亡くなった人に着せる合わせ方で縁起が悪いとされています。

これは浴衣の着付け初心者がやりがちですが、一般常識になっていますので覚えておくといいですね。

特に女性の場合は、 洋服の着方とは逆 になりますので注意が必要です。

浴衣を綺麗に着付けするポイント

女性の浴衣を綺麗に着付けするポイントはいくつかあるのですが、ポイントのひとつで襟を首の後側に握りこぶしひとつ分くらい抜きを作ったほうが女性らしく艶っぽい印象になります。

ただ、襟を抜き過ぎると着崩れしているように見えてだらしない印象になってしまいますので注意が必要です。

浴衣の着付けポイントについて解りやすい動画がありますので、こちらを是非ご確認くださいね。

浴衣の着付けで帯の結び方は?

浴衣を綺麗に着付けするポイントでは帯も重要になります。

女性用の浴衣の帯には2タイプあって、帯を自分で結ぶか、それとも簡単な作り帯を選ぶかになります。

浴衣を着るときは長い1本の帯を結んで腰の後ろに結び目を作るのですが、これが初心者にはなかなか難しいので、最近はウエストにくるっと帯を巻いたら後ろにかんざしのように挿すだけの作り帯が人気です。

着付けの中で一番難しい帯結びが簡単に終わるので、若い女性を中心に人気が高まってきていますよ。

帯の結び方自体は説明書や動画を見ながらやれば、1人で初めてチャレンジした場合でも出来ないことはありませんので、浴衣の帯の結び方の動画も合わせて確認してみてくださいね。

それでも難しそうだなと思う場合は、こちらで帯の結び方や浴衣の着付けを簡単にする方法とグッズを動画付きで解説していますので、ご紹介します。

浴衣の着付けを簡単にする方法とグッズや作り帯で初心者にもできる!

浴衣の着付けまとめ

●浴衣の着付けに必要なものは、最低限の5つと一緒に3つのアイテムも揃えたい

●浴衣の着付けは左前にならないように注意して、着付けのポイントを押さえる

●浴衣の着付けで帯の結び方が難しい場合は、作り帯を選ぶ方法もある

浴衣の着付けがきれいにできると大人の女性としてより魅力的になりますので、しっかりと身につけたいものですよね。

もし、男性のお連れ様がいる場合は、こちらも合わせて確認しておきましょう。

男の浴衣で必要なものと着方の注意点や帯の結び方を紹介【動画あり】

それでは、浴衣をきれいに着付けして夏を存分に楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 季節のこと ,