PL花火大会2016!場所と最寄り駅から穴場スポットを厳選!

      2016/07/28

花火大会
関西で一番の花火大会のひとつに挙げられるPL花火大会は、大阪らしいド派手で鮮やかな花火で彩られます。

特に8,000発の花火が連発で打ち上げられるラストは迫力満点です。

そんな大阪PL花火大会2016年の日程・場所と最寄り駅から穴場スポットを厳選しました。

スポンサードリンク

PL花火大会2016の時間や日程は?

PL花火大会は、毎年8月1日に開催されます。

今年2016年の日程は 8月1日(月) と平日が開催日になりますので、時間など開催概要をご確認ください。

<<開催概要>>

日程:2016年8月1日(月)
時間:19時55分~20時50分頃まで
会場:光丘カントリー倶楽部

<<花火大会情報>>

打ち上げ数:20,000発以上
雨天の場合:決行/荒天時は中止

PL花火大会では花火の打ち上げ数は非公開となっていて、正確には何発なのか公表はされていません。

ここ最近の開催では大体、20,000発から25,000発くらいになっていますので、今年も同じくらいの打ち上げ数になるのではと予想されています。

過去には世界一の打ち上げ数とも言われていて花火の発数が見どころの時代もありましたが、今もフィナーレで約8,000発の花火が連射されるなど見どころある花火大会ですので、是非動画をご覧になってくださいね。

PL花火大会の場所と最寄り駅は?

まずはPL花火大会の場所についてですが、大阪府富林市にある光が丘カントリー倶楽部の南側が会場となっています。

光が丘カントリー倶楽部はゴルフ場なのですが、当日は敷地内に入ることは出来ませんので花火を見る場所を確保することが必要になります。

以前は、花火の打ち上げ会場近くの「ローンパーク駐車場」が有料観覧席としてチケット販売されていましたが、2015年の開催からローンパークでの有料観覧席は廃止されましたので、ここで花火を観覧することはできなくなってしまいました。

有料席とはいえ、PL花火大会が間近で見える場所だっただけに残念です。

会場への最寄り駅

PL花火大会会場への最寄り駅は、近鉄長野線「富田林」駅になります。

平時であれば会場までのアクセスは徒歩で15分くらいになりますが、PL花火大会の開催当日は他に最寄り駅になる候補の駅が離れているので、混雑することを覚悟してくださいね。

<<最寄り駅>>

近鉄長野線「富田林」駅から徒歩15分

<<その他のアクセス>>

南海高野線「大阪狭山市」駅から徒歩40分
南海高野線「金剛駅」から徒歩50分

開催当日の混雑は?

PL花火大会の人出は例年の開催日によって差がありますが、土日開催になった過去では最寄り駅周辺が終電を逃した来場者で溢れたこともあるようです。

ですので、会場への行き帰りは混雑による人混みは避けられません。

確実に帰れる方法を取りたいのであれば、会場周辺までは行かずに南海高野線の大阪狭山市駅か金剛駅で下車して30~40分くらい歩いた場所で見たほうがいいです。

スポンサードリンク

近鉄長野線であれば「喜志」駅で降りて石川の河川敷からでも、花火を見ることができます。

ただ、最寄り駅の富田林駅までどんなに混雑するといっても近鉄長野線で臨時電車がでますので、平日開催になる今年は終電を逃すことはないでしょう。

少しでも混雑を避けるなら、帰りはひと駅ぶん歩いて近鉄長野線「富田林西口」駅や「喜志」駅を利用するのもひとつの方法です。

ちなみに、車での来場は周辺の駐車場が少ないことと取り締まりが厳しいこと、そして交通規制によって渋滞することからおすすめは出来ません。

PL花火大会の穴場スポットを厳選!

PL花火大会の今年2016年の開催がいくら平日になるとはいえ、人混みや混雑を少しでも避けたいと思いますよね。

そんなあなたには、混雑が避けられて花火が綺麗に見えるPL花火大会の厳選穴場スポットをご紹介します。

大阪狭山市駅の周辺

南海高野線の「大阪狭山市」駅の周辺で、特に青葉ヶ丘病院の横にある田んぼ辺りから花火が綺麗に見えます。

近くで見る迫力には欠けますが、混雑を避けることができる穴場スポットです。

千代田駅から行ける高台

同じく南海高野線の「千代田」駅から行くことができる、塔の反対側の高台である千代田台からも花火が綺麗に見えます。

会場からは離れていますが、こちらも混雑を避けられる穴場スポットです。

PL花火大会のまとめ

●PL花火大会2016の日程は8月1日(月)、時間は19:55~20:50頃まで

●PL花火大会の場所は会場地図を参考に最寄り駅は近鉄長野線富田林駅

●PL花火大会の穴場スポットは、花火が綺麗に見えて混雑回避もできる

PL花火大会はあまり近くまで行くよりも、ちょっと離れた場所から見たほうが混雑も避けられますのでおすすめです。

そのかわりに、同じく大阪で開催されるなにわ淀川花火大会へ行ったり、滋賀県の大津市で開催される琵琶湖花火大会で花火の迫力を楽しむという方法もあります。

その場合は、一発でチェックできるこちらの記事からでも確認することができますよ。

関西の花火大会2016で規模が大きいものからおすすめを厳選!

目的に合わせて計画を立てて、楽しいイベントにしてくださいね!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 花火大会 ,