夏の暑さ対策の屋外編!グッズのおすすめと服装のポイントを紹介

      2016/07/12

夏の暑さ対策
夏の暑い中で屋外に出るのはたまりませんよね。

なるべく外出することを避けたくなりますが、仕事や状況によっては長時間に渡って屋外に出ることが必要になることもあります。

そんな時に役立つ、夏の暑さ対策グッズのおすすめと服装のポイント【屋外編】です。

スポンサードリンク

夏の暑さ対策で屋外での注意点は?

夏の暑さ対策として屋外に外出する場合に、まず気をつけたいことは熱中症や熱射病、そして日射病などの病気にかかってしまうのを避けることです。

熱中症や熱射病は高温で湿度も高い環境下で起こる病気で、身体の体温調節機能が正常に働かなくなり体のだるさや頭痛、めまいや意識障害を引き起こします。

そして、日射病は強い直射日光に長時間当たることで発生する病気で、体温調節中枢の機能が低下して大量の汗をかくことによって、脱水症状の原因になってしまします。

夏の時期の屋外で、それらの病気を避ける為には次の点に注意することが重要になります。

【夏の屋外での注意点】

①直射日光に当たることを、できるだけ避ける

②身体に熱がこもらないように、こまめに休憩する

③脱水症状にならないよう、水分と塩分やミネラルを補給する

③の水分と塩分やミネラルを補給する対策としては、スポーツドリンクやミネラル入り麦茶、そして経口補水液や塩飴や梅干などが挙げられます。

ちなみに、通常の水やお茶などカフェイン入りの飲み物は利尿作用を促進して水分が体の外に出てしまう為、逆効果になるのでご注意くださいね。

①の直射日光を避ける対策としては、帽子や日傘などを使用したり日焼け止めによって防ぐことが考えられますが、仕事中や状況によっては難しい場合もあります。

その場合は、夏の暑さ対策グッズを駆使して少しでも原因になることを避ける必要があります。

夏の暑さ対策グッズのおすすめは?

夏の暑さ対策でグッズは様々ありますが、その中でも持ち運びに便利で気軽に使えるグッズなら、どんな場面にでも活躍してくれます。

【持ち運びに便利なグッズ】

●コールドスプレー

●クールコアタオル

●ネッククーラー

●熱さまシート

●扇子やうちわ

この中のグッズでもおすすめは、首元を冷やすことができるネッククーラーとクールコアタオルです。

直射日光や熱がこもって上がった体温を素早く下げるには、頭や顔を冷やすよりも首や脇の下や足のつけ根などの大きな血管(大動脈)が通っている場所を冷やしたほうが効果的だからです。

スポンサードリンク

なるべく小さいサイズがいいならネッククーラーを、より効果を期待するなら広い範囲を冷やせるクールコアタオルをおすすめします。

※クールコアタオルのイメージ動画がありましたので、ご参考までに。

夏の暑さ対策には服装も重要?

夏の暑さ対策には服装も重要になります。

身体に熱がこもらないようにする対策のひとつとして有効ですし、体感温度を下げて快適さにも繋がるからです。

夏の暑さ対策での服装には、 2つのポイント があります。

1.服の素材と機能性

まずは、着用する服の素材と機能性が1つめのポイントで、素材と機能性によって風通しが良くなり快適さと体感温度まで変わってきます。

一般的な素材ですと綿やポリエステルがありますが、ポリエステルは繊維の密度が高いので耐久性に優れる機能がある反面、通気性や吸水性が低く熱がこもりやすいので夏の暑さ対策には向きません。

夏の暑さ対策におすすめな服の素材は、天然繊維であるリネンです。

リネンは繊維の密度が粗いため、少し風が吹くだけでシャツの中の熱と湿気を効率よく循環させ、更に吸水性も高いので快適さを保つことができます。

2.インナー(肌着)を着用

2つめのポイントは、インナーを着用することです。

Yシャツなどの下に肌着やTシャツなどのインナーを着ない方が涼しそうに感じますが、実はインナーが汗を吸い取ることによって体温の上昇を抑えて一定に保つことができますので、夏の暑さ対策にはとても効果的です。

ただ、ゆったりめのサイズを着用してしまうと、肌とシャツの間に余分な空気の層を作ってしまい熱の放出と汗の吸収が妨げられますので、体にフィットしたサイズを着用するようにしてくださいね。

もしも普段インナーを着用していないのであれば、すぐにでも取り入れてみることをおすすめします。

夏の暑さ対策で屋外編のまとめ

●夏の暑さ対策は屋外での熱中症や熱射病と日射病などを避ける為に必要

●夏の暑さ対策グッズのおすすめは、首元を冷やすことができる商品

●夏の暑さ対策には服の素材や機能性とインナーの着用も重要になる

以上、屋外での夏の暑さ対策についてご紹介してきましたが、暑さによって起こる熱中症を予防する方法も知っておくと役に立ちますよ。

関連熱中症対策に効果的な飲み物と避けるべき飲料について

関連熱中症対策に効く食べ物と飲み物にはない栄養素とは

また、熱中症と思われるような症状が出たときの対策や対処法も覚えておくと、いざという時に心強いです。

関連熱中症の症状である頭痛や寒気、発熱への対策と対処法

あなたの健康のためにも、できる対策を上手に取り入れて夏の暑さを乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけましたらシェアしてくれると嬉しいです!

 - 季節のこと ,